Tableau Prep カスタムSQL

あけましておめでとうございます。
truestar工房の三村です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

Tableau Prep カスタムSQL使ってみました

TableauPrepで文字列の集約をするのに苦労している、との話を聞きました。ならばカスタムSQLでやってみよう!と思った次第です。

データベースはPostgresqlを使いました。

文字列の集約

↓ こんな感じのデータを(testテーブル)

ID 区分 名前 値段
1 果物 リンゴ 100
2 果物 みかん 20
3 穀物 3000
4 穀物 パン 200

↓ こんな風にしてみる

区分 名前
果物 リンゴ、みかん
穀物 米、パン

 

postgresqlに接続

まず、TableauPrepを立ち上げて、データに接続します。

 


初期画面はこんな感じ。(データベースにtestテーブルしかないの…。)

カスタムSQL実装

左下のカスタムSQLをダブルクリックします。
そしてカスタムSQLタブにSQL文を入力して(改行OKでした。)実行ボタン押下。

select string_agg(name, ‘,’) as names, kubun from test group by kubun

フローで確認すると、こんな感じ

簡単にできちゃった♬

出力時のカスタムSQL

他にもデータ出力時に、出力の前後でカスタムSQLを設定できるようになってました。



データベースに書き込む前にデータをバックアップしたり、書き込んだ後にもう1回複雑な更新をしたり。便利ですね。実際にはExcelファイルを読み込んで、SQLで加工してデータベースに出力、という使い方の方が多いのかなとも思います。

まとめ

TableauPrepはデータベースとセットで使うことで、より便利なツールになると思いました。

 

今年はみんなが元気になれますように。では、また。

 

【メンバー募集中】

truestarでは、新しい仲間を募集しています。詳細は以下をご覧ください。
株式会社truestar採用サイト https://en-gage.net/truestar/